早漏で悩んでいたのでクリニックに相談をしました

プレッシャーから早漏に

プレッシャーから早漏に早漏治療クリニックへ妻を満足させられる時間が長くなった

若いときはみなぎるほどの精力を持て余すくらいでしたが、30代半ばに差し掛かると、仕事のストレスや体の疲れによって、性欲が減退してしまいました。
ただ、その頃にちょうど結婚したこともあり、妻からは子供が欲しいので協力してほしいと言われるようになりました。
疲れていて性欲もあまりなくなっているのに、妻からある意味、プレッシャーをかけられたことによって、早漏になってしまいました。
頑張ろうという意識があるのですが挿入してから、あっという間に終わってしまうので、妻ともギクシャクした状態になってしまいました。
妻だけでなく自分も子供は欲しいという気持ちはありますし、早漏になってからは、性欲が完全に満たされていないので、疲れたような気持ちだけが残ってしまいます。
サプリメントなどを摂取しようかと考えましたが、早漏の原因は身体のどこかが悪いのかもしれないと考えると、対策方法に迷いを感じてしまいます。
医療機関を受診することも考えましたが、何となく相談内容が恥ずかしいので、もし女医さんだったら相談できないと考え、一人で考え込んでいました。