風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の効能WEB

風邪をひいた場合、多くの人が風邪で病院へ行く事はないといいます。基本的に風邪は、安静にして抵抗力や免疫力をつければ、1週間程度で回復するし、現在は優れた市販薬の風邪薬がたくさんあるので、自宅で治療が可能です。多くの人が、風邪薬に頼っていますが、病院で処方して貰う風邪薬と、一般に手に入る風邪薬は効果は変わらないのでしょうか。

まず、基本的に成分などは変わりませんし、効き目もほとんど変わりません。それは、風邪に対する治療薬がない為です。一般的に風邪薬と言われるものは、風邪によって引き起こされる風邪の症状を緩和する為のもので、病院のものも市販やるも変わりません。風邪は、数百種類の原因ウイルスから、一つでも感染すると風邪をひきます。

風邪の原因が多岐にわたる為、風邪に対する特効薬の風邪薬が作れないのです。その為、風邪薬を選択する場合は、自分の症状に合った風邪薬を選ぶ事が大事です。出来れば、総合風邪薬よりも、症状にしっかりあっている風邪薬を飲みましょう。 自分の症状にしっかりと合ったものを選択する事で、つらい風邪の症状を軽減させて、回復までも期間を短縮する事ができます。風邪のウイルスは一年中存在していて、体の抵抗力や免疫力が落ちていると感染しやすくなります。大切なことは、きちんと予防して風邪菌に負けないようにする事です。

風邪は、風邪薬で治療できるものではないので、治療していくのも自分の自然治癒力によりますが、風邪の症状が辛いといつまでも体力が回復しません。 そこで、風邪薬を飲み症状を和らげる必要があるのです。辛い症状が軽減できるといっても、風邪薬の乱用はいけません。どんな薬にも、副作用があり、風邪薬のような身近な薬でも深刻な副作用を起こしてしまい可能性があります。 風邪薬は、用量や用法を正しく守り、服用する必要があります。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved